• トップ

LINEで送る

インプラント治療を受ける前に

レントゲン

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を受ける必要があります。しかし、体質によっては治療を受けることが出来ない場合もあります。治療を受けることが出来るかどうかを確認するために、事前に検査が行われます。インプラント治療の前に行われる検査としては、まず、これまでの既往歴や現在の病気の有無、内服薬の有無などがあります。内服薬の種類や全身の状態によっては、治療を受けることにより、何らかの悪影響を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です。そして、アレルギー検査が行われることもあります。アレルギーと一口に言っても、様々なものがあります。食べ物に対するものや金属に対するもの、医薬品によるアレルギーなどがあります。あらかじめ知っておくことにより、体の不調を事前に予防することが出来ます。過去に気になる症状が見られた場合には、些細なことであっても、必ず伝えるようにしましょう。インプラント治療を受けるという場合、虫歯や歯周病などがあった場合には、炎症による感染症で予後が悪い可能性があります。そのため、治療前には虫歯や歯周病の有無を確認し、それらが見られる場合には、最初に治療を行ってからインプラント治療を行う場合もあります。

 

↑PAGE TOP