• トップ /
  • インプラントとアレルギーの関係

LINEで送る

ジルコニア製のインプラント

レントゲン

ケガや病気で歯を失ったところに対する治療方法として、入れ歯の他にインプラントという選択肢があります。これは人工の歯根(インプラント体)を埋め込んでその上に人工の歯を被せる治療法です。外見は他の健康な歯と遜色なく、食べ物を噛んだ時も違和感があまりありません。国内の多くの歯科医院では、ふつうはチタン製のインプラント体が使用されています。チタンは生体との親和性が高く、アレルギーを起こす可能性が少ないとされており、歯の治療に限らず医療現場で幅広く使用されてています。しかしながら、まれにチタンで金属アレルギーを起こすこともないわけではありません。インプラント治療後に金属アレルギーを発症してしまうと、せっかく埋めたものを抜いて別の治療方法に変えなければいけません。そのため、金属に対してアレルギーのある人は治療前に医師にきちんと告げることが必要です。海外製のインプラント体の中にはジルコニア製の物もあります。日本ではジルコニア製の物はまだ認可されていませんが、欧米では広く使用されています。しっかり説明を受けた患者が同意すれば、医師の判断の上でジルコニア製の物を使うことは認められており、歯科医院によっては取り扱っているところがあります。金属アレルギーがあってもジルコニア製であれば治療が可能となります。

 

↑PAGE TOP