• トップ /
  • インプラント手術方法とは

LINEで送る

インプラントの手術方法について

レントゲン

歯を失った時に顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、それが顎の骨に密着することで、自然な歯と同じような噛み心地が得られる治療法は、最初歯茎を切って、顎の骨にインプラントを埋め込む時と、人工歯根が、顎の骨に密着した時、もう一度歯茎を切って人工歯根を外に出し、その上に人工の歯を載せるときの2回歯茎を切る手術です。顎の骨に、人工歯根を埋め込むとき、人工歯根を歯茎より外に出し、すぐに仮歯を載せる、手術1回法と言う方法もあります。人工歯根が、顎の骨に密着するので、自然の噛み心地が得られる治療法です。

 

欠損した歯にインプラント

インプラントは欠損した歯を治療することができます。交通事故やスポーツ時のアクシデントなどでケガをして歯を欠損することがあります。特に事故やケガの場合は前歯を欠損しやすいのですが、インプラントはこのような場合でも治療に適しています。周りの歯を削って取り付ける必要もなく、これまでの天然の歯と同じような感覚にすることができます。見た目にも歯を欠損する前の状態に近づけることができる有効な治療方法となります。

↑PAGE TOP