• トップ /
  • インプラントと金属アレルギー

LINEで送る

インプラントとアレルギー

レントゲン

インプラント治療は、金属アレルギーにならないような治療をすることが可能になっています。顎の骨に埋め込む、土台となる金属は、安定性が非常に高く、人間の体との相性が高いチタンかチタン合金を使います。チタンは、人間の骨とくっつくような金属でもあり、体の一部となって、安定性があるものに仕上がるメリットもあるため、魅力がある金属になっています。インプラント治療で取り付けることができる歯は、金属を使わないオールセラミックのものなどを使うことができ、アレルギーが起こらないようなものにすることが可能です。オールセラミックは、人間の歯の色と同じようなものに仕上げられ、透明感があって美しいものに仕上げられることもメリットになっていて、人気の素材になっています。オールセラミック以外にも、ジルコニアセラミックやハイブリッドセラミックなどの素材もあり、それぞれにメリットがあり、満足ができる治療を行いやすくなっています。インプラント治療は、金属アレルギーの人でも行える可能性があります。チタンは、金属アレルギーの人であっても、アレルギー症状が出ることがない場合があり、パッチテストなどをして、安全性を確認してから治療をすることも可能であり、いろいろな人が治療を行いやすくなっています。

 

↑PAGE TOP