• トップ /
  • インプラント治療とアレルギー

LINEで送る

インプラントがチタン製の理由

レントゲン

歯のインプラント治療でつかうパーツは、大まかに人工歯根(インプラント体)と人工歯、それらを連結させるアバットメントと呼ばれる支台部分に分かれます。歯を失った部分にインプラント治療を施す際は、まず人工歯根を埋込み、顎の骨と結合するのを待って、人工歯根をかぶせます。この人工歯とアバットメントは金属製以外の物もありますが、国内の治療で用いられているインプラント体はほとんどの場合、チタン製です。これは医療用のチタンで、生体親和性が高く金属アレルギーを起こしにくいとされています。そのため、チタンは広く医療現場で使用されていますが、患者さんの中にはごくまれにチタンアレルギーをひき起こす人がいます。以前に金属のアクセサリーなどで反応が出たことがあるなど、金属アレルギーを持っている可能性が高い場合は、治療を受ける前に歯科医師に告げておくことが大切です。採血検査やパッチテストを行い、アレルギーを起こす可能性がないかを事前にしっかり確認する必要があります。多くはありませんが、海外製のジルコニアのインプラント体を使用する歯科医院もあります。現在、厚生労働省で認可されているのは医療グレードのチタン製の物のみですが、ジルコニア製の物は患者が納得したうえで歯科医師の判断で使用することが認められています。金属アレルギーがあって治療をあきらめている人は、ジルコニアの物を扱う歯科医院を受診することも検討してみるといいでしょう。

 

↑PAGE TOP